給料日前に親に生活費を3万円借りた

社会人一年目の時は新しいスーツや洋服、靴を買ったり、色々と細々したことですが出費が何かと多くなる年です。今まで覚悟していたことですがやはりいざとなると一気にお金が出て行くので、気持ちとしては結構ブルーになります。

 

携帯料金や電気ガス水道代などは外せませんし、しかし食品を買うことも健康に出社してミスなく働いていくため削りたくはありませんでした。
4月は働きはじめたばかりでまだお給料がもらえていないので、日々の生活費が足りなくなりそうですし、親にお金を借りました。働くための準備に当たる出費は新社会人にはきついものです。借りた額は3万円ですが、それがあるかないかではかなり生活は安心感が違います。

 

初給料が出て喜ぶ夫婦

そしてそのあと、4月に初お給料がでたあとにもちろん返すことができましたが、借りるだけでなく親に返せたという思いが自分のこれからの責任感をより強めてくれるような気がしました。(参考:初めてのお給料、何を買いましたか? | ガールズちゃんねる - Girls Channel -
これから借りることのないようにしっかり働いていきたいというふうに気も引き締まりました。

 

今すぐ3万円借りる時、おすすめは親や友達よりも金融機関からの借入と言えます。その中でも消費者金融なら審査や融資のスピードは銀行よりも優位となっているため、多少の金利差を気にするならば、消費者金融の方が銀行よりも即日融資で3万円借りることができる可能性がより高いことを重視するべきでしょう。

 

給料を前借りしようとしたのだがやり方がわからない

給料日前とはいえ、実際に会社で働いているわけだからその分のお金を事前に会社に借りようとしていろいろ調べてもみた。具体的には「給料の前借り」という形で検索をしてみて、出てきたページにこんなものがあった。

 

会社から給料の前借りや前払いとしてお金を借りる

 

これを見ると複雑な書類申請がないとお金が借りられないらしく、あとは、そもそも前借りができる会社に努めていないと借りられないと知ったのでやめた。社会人1年目で給料の前借り申請なんかをしたら出世にも響くかもしれないと思ったのも理由の一つである。

 

たとえ金欠でお金が無いとしても、ぎりぎり生活ができるのであれば、そのままがんばって生活を続けたほうがいいと祖母も口を酸っぱくして言っていた記憶が蘇ったので、我慢できた。